cooltext235159876540771.png
ゲームとかPC関連のブログだったんですけどなぜか釣りも参戦しています。更新頻度不定期、コメントとかも全然見てません

オンラインゲームでの心構え

オンラインゲームをするに当たっての心構え

1・必要な環境を満たしているか
低スペックは周りに迷惑を掛けるだけでなく本来のゲームを楽しむことは出来ません。新しいパソコンを買う場合はメーカー製ではなくパソコンショップのBTOパソコンを選ぶこと。BTOパソコンとはショップが用途によって組み立てた製品のことを言います。特に理由がなければデスクトップ型のゲームミングPCを選びましょう。

よくあげられるパソコンショップ
ドスパラ、ソフマップ、ツクモ、パソコン工房、フロンティア

2・パソコンのセキュリティ
オンラインゲームのパスワードは非常に盗用されやすいです。特に簡単なパスワード、生年月日や電話番号、人の名前などは非常に狙われやすいものです。パスワードなどはPC内に保存せずメモ用紙(メモ帳)などに書いて保存しておく。セキュリティソフトをインストールする。良く判らない人はウィルスバスター、ノートン、カスペルスキーの有料版を買う。無料で済ませたい人はマイクロソフトが提供しているMicrosoft Security Essentialsなどを使う。Windowsファイアウォールは有効にする。WindowsXPのサポートは終了しました。Vista以上のOSは必須です。お金が無い人はWindows7評価版、Windows8.1評価版という使用期限付きの無料OSがマイクロソフトから提供されています、興味ある人は調べてみてください

3・ゲーム用のハードウェア(ゲーム用のマウスやキーボード)
キーボードやマウスにはゲーム用に特化された製品があります(ゲーミングなどと言う)。キーボードですとキーの複数同時押しが可能であったりキーの押し心地が良かったりします。マウスですとサイドボタンと呼ばれるものがあり、複数のクリックボタンが付いてるものがあります。そして物によってマクロ機能が付いています。マクロ機能とは記録されたorプログラムされたキーとボタン操作を自動でやってくれるという優れた機能です(ゲームによってはセキュリティではじかれるものもあります)。マウスは人によって好みがあるので機能よりも使いやすさを重視したほうが良いかもしれません、と言っても現物を実際使ってみないとこればっかりはわかりません

3・スピーカーとヘッドホン
スピーカー派でもゲームをする場合はヘッドホンにしたほうが良いでしょう。ゲームの音は結構な騒音になるので周りに迷惑を掛けることにあります(一人暮らしや家族など)。それとスカイプなどを使ったボイスチャットの場合、マイクがスピーカーの音を拾ってしまうことが多いです。価格はピンキリですが出来れば音質の面も考えてゲーミングヘッドセットがオススメです

6・登録情報はしっかりとメモする
登録したアカウントやパスワードを忘れると非常に厄介です。再発行してもらおうにも登録した内容が適当すぎて忘れてしまった、て場合は詰みになることはそうそうありませんが、運営会社に証明書や書類を送ってアカウント確認をする必要があります。そのためにしっかりとメモ帳などに記録しておくことが大事です。メールアドレス、アカウント、パスワード、生年月日ぐらいは最低でも記録しておきましょう。記録する時はメモ用紙や携帯スマホに記録しておけばセキュリティ上は安全だと思います(スマホは結構危ういこともあります)。安全上パソコン内には保存しないほうがいいです。

回線などの通信に問題無しか

オンラインゲームをするに当たって重要なのはパソコンや周辺機器だけでは無い
それと同じくネットワーク回線も重要になってくる

今は、ほとんどが光回線となって通信問題はあまり起きないがそれでも起きることがある

回線速度や回線の安定性を計るサイト(IEで計ってください *注グーグルクロームだとうまく計れません)
http://netspeed.studio-radish.com/

使用方法(Javaインストール必須)
住んでる地域に近い場所を選択→登録情報飛ばして次→測定精度を高→測定ページに行き測定開始

検索結果
下り回線(鯖、相手から情報を受け取るためのもの)
速度 67.33Mbps (8.417MByte/sec)
測定品質 93.0

上り回線(自分から鯖、相手に情報を送るためのもの)
速度 93.05Mbps (11.63MByte/sec)
測定品質 99.3

速度はその名の通りです
測定品質は回線がどれだけ安定してるかの目安です
速度が早くても品質が安定してなければラグなどを起こす原因になります
詳細に関して↓
http://xxrwdxx.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

原因調査
1・ADSLや良くないプロバイダを使っている
ADSL回線の品質は低く安定性がありません、ケーブルテレビ(CATV)も良くない場所があります
光回線も近年は動画サイトやスマホの普及により、回線を大きく圧迫している状況です
また、住んでいる地域によって回線の良し悪しがあるのも厄介なところです
これらを回避する方法としては、IPv6と呼ばれるこれまでとは違った接続方式を取ることで光回線の混雑を
回避する手段があります。IPv6オプション v6プラスなどと言われています
少し制約はありますが、断然快適にすることが出来ます

2・何かが障害になっている
最近ではあまり無いですがLANケーブルが電波を拾いまくってる、または劣化している
ルーターが古い規格のため速度が出ない、または劣化による動作不安定


最終更新日2017年12月3日